英文読解のプロセス ~最初は苦労の連続

英文読解の例題では、英語の知識がまったくゼロという前提で英文解釈を行ったため、文中の単語・熟語・文法の全部が知らない事(= 新しい知識)ばかりでした。 つまり、最初は知らない知識が100%の割合を占めることになります。

しかし、学習を進めていくにつれて徐々に知っている知識が増えていきます。 初めは英文の中にある全ての部品(単語・熟語・文法)を調べなくては読解できませんが、徐々に調べる量が減っていくのを実感できるはずです。

最初は100%分からない英文を読解することになり大変ですが、次第に未知の部分が90%、80%、70%……、と減っていき、読解作業に掛かる時間も短縮されていくのです。

最初は、英文読解の進め方で紹介した手順1~手順7に沿って読解を進めていくのが基本ですが、英語力が高まるにつれて、省略できる手順が増えていきます。

たとえば、あなたの語彙力・文法力が強化されていくと、手順5の“疑問点を整理する”において、英和辞典を使って意味を調べなくても済むようになります。 また、読解する英文によっては手順1~手順6を全て省略し、原文を読んだだけで日本語訳がすぐに分かることもあるでしょう。

英文読解の学習は、まさに「苦は楽の元」という言葉がピッタリです。 初めはあらゆる単語、熟語や文法などが未知のものばかりで大変に思えるかもしれません。 しかし、ある時点を過ぎるとウソのように楽になります。

英文を見て「分からないことばかりだ・・」というふうに思った場合、言い換えるとその英文から多くのことを覚えるチャンスでもあるのです。 英文読解の作業が大変だと感じたら、それはあなたの英語力が飛躍的に伸びている過程にあることを意味しています。

読解が大変だと感じたら、初めが一番英語力の伸びる時期ということを、ぜひ思い出してください。

英文読解のプロセス

<初めの頃>
  • 最初のうちは調べることが多くて大変
  • なかなか進まず苦労する
  • 英語力は大きくアップ
<英語力が付いてきた頃>
  • だんだん調べることが少なくなる
  • 読解がどんどん楽になる
  • 英語力は一定のペースでアップ